読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take your marks.

swimlibrarianのブログ。ほぼ図書館の話題。ときどき大学の話。(たまに水泳ネタ)

メモ:文化資源のデジタル化に関する各種ガイドラインの概要とその活用へのアプローチ

11月28日、情報科学技術協会の2014年度「じょいんと懇話会」に参加してきました。

テーマは「文化資源のデジタル化に関する各種ガイドラインの概要とその活用へのアプローチ」、講師は関西大学の研谷紀夫先生でした。

以下、内容のメモ。

 

続きを読む

勉強会「LOD時代の書誌コントロール」実習編(日図研情報組織化研究グループ)

8月23日・30日に、情組研のLOD勉強会実習編に参加しました。

この勉強会は2013年度からやっていて、昨年は『Linked Data: Webをグローバルなデータ空間にする仕組み』を輪読。

まとめとしてこんな発表もしました。

教科書的な文献を読んだ次の段階として、2回の予定での実習編。

情組研グループがまとめてきた「情報組織化関連記事一覧」(2000-2009, 2010-)およそ3000件を、LinkData.orgを使ってRDF化。SPARQLクエリの記述例を学んで、逆マッシュアップによるアプリ作成を目指しました。

続きを読む

見学:The Library of Congress

 

2014年7月24日、The Library of Congress(米国議会図書館)へ。

主にConservation Division(資料保存部門)を見学させていただきました。

f:id:swimlibrarian:20140724095447j:plain

 

資料保存部門はMadison Buildingの地下にあります。「貴重書」「文書・地図」など4つのセクションがあって、スタッフは総勢30人。

(余談:LCの組織図。全体の巨大さがすごい…)

 

続きを読む

Code4Lib JAPAN Conference 2013

ブログを始めてみました。
しばらく前から書こうかなーと迷いつつ腰が重くて踏みだせてなかったのですが、そろそろ出る『大学の図書館』に「情報発信します」と書いたところでもあり、また8月末に参加したCode4Lib Japan Conference 2013は、SNSに感想を書くだけではもったいないようなイベントでもあり…と、いろんなことがちょうど重なったので、始めてみることにしました。
どんな更新頻度になるかわかりませんが、ぼちぼちやっていきたいと思います。


初エントリーは、「書こう」という気にさせてくれたCode4Lib JAPAN Conference 2013。

もう2週間以上前の話ですが。思い出しながら書いてたら長くなってしまいました。

 

続きを読む